· 

効率的な暗記・記憶を

「エビングハウスの忘却曲線」というのを聞いたことがあるでしょうか。

 

詳しくは検索すれば出てきますので、ここではこのサイトらしく ざっくりと紹介します。

 

人は何かを記憶すると、やがて忘れていきます。

20分後には42%、

1時間後には56%、

1日後には67%、

6日後には75%忘れます。

1か月後には79%忘れます。

 

これをグラフにすると(横軸が時間、縦軸が憶えている割合)、反比例のような曲線のグラフになるというものです。

 

(6日後と1か月後とで、75%から79%にまでしか減らないのか、と思いましたが、6日経っても憶えていることは、1か月たってもだいたい憶えているということでしょう)

 

もっとも、ここでは「何日で何%忘れる」というのはどうでもいい話で、大事なのは、憶えたことは確実に忘れていく、ということです。

 

 

社会科は丸暗記科目では決してないですが、それでも暗記は必要です。憶えることが不可欠です。

 

「なかなか憶えられない」「すぐに忘れてしまう」という生徒が毎年多いのですが、それに対する回答としては、「そんなことは当たり前。忘れて当たり前」ということです。

 

 

1時間くらいかけてある分量を暗記したとしても、その勉強を終えた瞬間から確実に忘れていきます。

 

1回勉強したら次にその科目を勉強するのは2週間後、あるいはもっと先、というのでは、まったくもって非効率です。

 

やりっぱなしでは意味がない」ということですね。

 

翌日、遅くても2日後くらいには、同じ科目の同じ範囲を復習した方が良いです。

 

学校や塾・予備校の授業についても、その日か翌日か週末でもいいので、復習しないと身に付かないですね。

 

 

一応、モデルケースを示してみると、

8月1日に勉強した場合、

その日のうちに復習(8/1)

1日後に復習(8/2)

1週間後に復習(8/8)

2週間後に復習(8/15)

4週間後に復習(8/29)

・以降は2~4週間ごとに復習(毎月中旬・下旬)

といった感じです。

 

たとえ1日5分でも、やるとやらないとではまったく違います。

 

復習することによって、忘れていたこと・忘れかけていたことが再び記憶され、忘却曲線に逆らう感じで記憶が定着していきます。

 

したがって、勉強計画のスケジュール帳は、今日やることに従って、明日も1・2・4週間後も機械的に埋まっていくということでもあります。