中学歴史:飛鳥時代/解説(ざっくり)

飛鳥時代

 飛鳥時代の年代は、推古天皇が即位した592年から、平城京に都が移される710年までの、約120年間です。

 

聖徳太子厩戸皇子)の政治

 推古天皇の摂政として、政治を担当したのが聖徳太子でした。

 聖徳太子冠位十二階の制度を制定して、家柄にとらわれずに、能力や功績のある人物に冠位を与え、役人にとりたてる制度を整えました。

 また、十七条の憲法憲法十七条)を制定し、役人の心構えを示しました。また、仏教や儒教の考え方を取り入れていることや、天皇中心の政治をめざしたことなども特徴としてあげられます。 

 外交面では、607年、隋に遣隋使を派遣しました。派遣された人物は、小野妹子らです。

 聖徳太子は、622年になくなりました。

 

飛鳥文化

 聖徳太子の時期に栄えた、日本最初の仏教文化を飛鳥文化といいます。

 有名な建築では、聖徳太子が建立した法隆寺があります。法隆寺は、現存する世界最古の木造建築物です。

 

大化の改新

 645年、中大兄皇子中臣鎌足らが蘇我をほろぼし、政治改革を始めました。この改革を、大化の改新といいます。

 

中大兄皇子の政治

 その後、中大兄皇子が政治の中心となりました。

朝鮮半島の百済を助けるために、663年、日本は朝鮮半島で新羅の連合軍と戦いましたが、敗れてしまいました。この戦いを、白村江の戦いといいます。

 中大兄皇子は、その後、即位して天智天皇となりました。

 

壬申の乱

 天智天皇がなくなると、天皇の位をめぐって争いが起こりました。この争いを壬申の乱といい、これに勝利して即位したのが天武天皇でした。

 

律令国家の成立

 701年、大宝律令が制定され、唐にならった律令国家が完成しました。