中学歴史:旧石器・縄文・弥生時代/解説(ざっくり)

1.日本の旧石器時代

 群馬県の岩宿遺跡の調査により、日本にも旧石器時代が存在することが確かめられました。道具は、石を打ちかいた打製石器を使用していました。

 


2.縄文時代

①年代

 縄文時代は、約1万2000年前から紀元前4世紀ごろまで続きました。

 

②生活

 縄文時代の人々は、広場などにいくつかのたて穴住居竪穴住居)を建てて暮らしていました。

 縄文時代には土器も使用されるようになりました。縄文土器といい、厚手で、低温で焼かれ黒褐色であることや、表面に縄目の文様があることなどが特徴です。

 

 石器は磨製石器を使用しています。打製石器を使用する旧石器時代に対して、磨製石器を使用した縄文時代は、新石器時代に属します。

 

 このほか、豊かな収穫などを願って土偶とよばれる人形なども作られました。

 


3.弥生時代-1

①年代

 弥生時代は、紀元前4世紀ごろから紀元3世紀ごろまで続きました。

 

②生活

 弥生時代の特徴は、大陸から伝わった稲作が開始されたことです。稲作は、九州北部に伝わり、そこから日本各地に広まりました。

 弥生時代の土器は弥生土器といい、うすくてかたいほか、高温で焼かれていて色は赤褐色という特徴があります。

 収穫した稲は、高床倉庫にたくわえられました。

 住居は、縄文時代と同じたて穴住居です。

 

 

4.弥生時代-2:中国との関係

 弥生時代の日本のようすは、中国の歴史書によって知ることができます。中国の歴史書では、日本のことをとよんでいました。

 

 中国の歴史書によると、1世紀半ばに九州北部の奴国の王が漢(後漢)に使いを送ったことがわかっています。このとき、漢の皇帝は、「漢委奴国王」と刻まれた金印を奴国の王に与えました。この金印は、江戸時代に発見されました。

 

 3世紀には、邪馬台国女王卑弥呼に使いを送りました。