中学歴史:古墳時代/解説(ざっくり)

古墳時代

①年代

 古墳時代は、3世紀後半から6世紀末ごろまで続きました。

 

古墳

 古墳とは、王や各地の豪族の墓のことです。古墳の墳丘上には、焼き物のはにわ埴輪)がおかれました。家、人、動物などさまざまな形状のはにわがあります。

 

大和政権ヤマト王権

 古墳時代の3世紀後半ごろには、有力な豪族が連合した大和政権(ヤマト王権)が奈良盆地に成立しました。大和政権の王のことを大王といいます。

 

④大陸との交流

 古墳時代には、大陸との交流もさかんになりました。中国や朝鮮半島から日本に移り住んだ人々を渡来人といいます。渡来人によって、日本にさまざまな文物や文化が伝わりました。例えば、須恵器や漢字、儒学(儒教)、仏教などです。

 須恵器とは、高温で焼いた、かたい質の土器で、黒っぽい(またはこい灰色)色をしています。

 また、朝鮮半島の百済という国(日本と友好関係)からは、漢字、儒学儒教)、仏教が伝わりました。