中学地理:ヨーロッパ州/解説(ざっくり)

1.ヨーロッパ州の気候・自然

①気候

 ヨーロッパ州の多くの国々は、日本より高緯度に位置しています。ですが、日本の気候に比べると冬の寒さはそれほどきびしくなく、比較的温暖です。その理由は、大西洋を南から北に流れる暖流の北大西洋海流と、その上を吹く偏西風影響を受けるからです。

 

②地形・自然

 ヨーロッパの北部にはスカンディナビア半島があります。その沿岸部(ノルウェー)には、フィヨルドという特徴的な地形がみられます。これは、氷河によってけずられた谷に、海水が深く入り込んでできた、奥行きのある湾のことです。 

 複数の国を流れる国際河川としてはライン川があります。ドイツやフランスなどを流れており、物資の運送にもライン川の水運が利用されています。

 

 

2.ヨーロッパ州の宗教

 ヨーロッパでは、キリスト教が多く信仰されています(もちろん、それ以外の宗教を信仰する人も少なくありません)。 

 

 

3.ヨーロッパの農業

ヨーロッパの農業の形態には、大きく分けて3つがあります。

 

地中海式農業

 地中海沿岸の地域で見られる農業形態です。具体的な国名としては、イタリアスペインなどです。これは地中海性気候に適応した農業です。

 夏は雨が少ないため、乾燥に強いオレンジオリーブなどの果実を栽培しています。

 冬は雨が降って降水量が増えますので、小麦を栽培することができます。

 

混合農業

 ヨーロッパ北西部や東部など、広い範囲で見られる農業形態です。

 穀物栽培と家畜の飼育を組み合わせた農業です。

 

酪農

 ヨーロッパ北部、デンマークやオランダなどで見られる農業形態です。

 乳牛を飼育し、バターチーズを生産しています。

 

ヨーロッパの農業の分布については、

地中海沿岸付近は地中海式農業

ヨーロッパ北部など気候が冷涼な地域は酪農

それ以外は混合農業

と大まかに覚えておくとよいです。

 

 

4.ヨーロッパの統合

①統合の歴史

 こうして、1967年にヨーロッパ共同体EC)が結成され、

さらに1993年にはヨーロッパ連合EU)が12か国で発足しました。

その後も加盟国は増え続け、現在の加盟国は28か国となっています。ただし、2016年にイギリスで行われた国民投票の結果、イギリスはEUを脱退することとなりました。28か国というのは、イギリスをふくめた数です。

 

②EUの政策

EUの加盟国間では、国境を自由に通過することができます。また、加盟国間の関税をなくし、貿易がさかんになるようにしています。

 ユーロという共通通貨も導入されました。ですが、このユーロは、すべてのEU加盟国が参加しているわけではありません。

 

 

5.ヨーロッパ各国について

イギリス

 18世紀、世界に先がけて産業革命がおこり、鉄鋼業・機械工業が発達しました。イギリスは「世界の工場」となり、工業国として発展しました。

 20世紀の2度の世界大戦により、イギリスの地位は低下しましたが、近年は北海油田が開発されたことで、石油輸出国となっています。

 

 その他、2016年、イギリスは国民投票でEUからの離脱を決めました。

 

 

フランス

 フランスはEU最大の農業国で、小麦の輸出は世界2位です(アメリカが1位)。

 このほか、原子力発電の割合が約80%と高く、先進国で最大となっています。 

 

ドイツ

 ドイツはEU最大の工業国で、ルール地方はヨーロッパ最大の工業地域(ルール工業地域(地帯))です。

 

ロシアロシア連邦

 ロシアは面積が世界1位で、日本の約45倍もあります。人口は約1.4億人、こちらも日本より多いです。

 気候は寒冷で、多くが冷帯亜寒帯)、一部に寒帯も見られます。シベリア地方には、タイガとよばれる針葉樹の森林が広がっています。