中学地理:時差/解説(ざっくり)

1.知っておくこと

①日本の標準時

兵庫県明石市を通る東経135度の経線でし。あることは覚えておきましょう。

 

②時差の生じ方

経度15度で1時間の時差が生じます

360÷24=15がその根拠です。

(地球1周は経度でいうと360度。時間は24時間)

 

③時計の動かし方

東へ進む場合は、時計を進めます。

西へ進む場合は、時計を遅らせます。

 

 

 

2.「2地点間の経度差」の求め方

東経どうし、西経どうしの経度差は引き算で求められます。

東経と西経の経度差は足し算で求められます。

 

なお、ミスのもとになるので、日付変更線(ほぼ経度180度)をまたいで経度差を求めてはいけません。

 

 

3.時差の求め方

2地点間の時差を求める場合の公式は、

「2地点間の経度差」÷15=「時差」です。

 

 

 

 

3.例題

計算手順は「経度差を求めてから、15で割って時差を求める」です。

 

①東経90度と東経15度の経度差と時差

・経度差:90-15=75度

・時差:75÷15=5時間

 

②西経120度と西経30度の経度差と時差

・経度差:120-30=90度

・時差:90÷15=6時間

 

③日本と東経30度の経度差と時差

・経度差:135-30=105度

・時差:105÷15=7時間

※日本の標準時は東経135度

 

④東経30度と西経90度の経度差

・経度差:30+90=120度

・時差:120÷15=8時間

 

⑤日本と西経120度の経度差

・経度差:135+120=255度

・時差:255÷15=17時間