中学地理:世界のすがた/解説(ざっくり)

1.六大陸

六大陸は全て覚える必要があります。

アフリカ大陸と南アメリカ大陸には赤道が通っています。

 

 

2.三大洋

三大洋は、太平洋大西洋インド洋の3つです。最も大きいのが太平洋、もっとも小さいのがインド洋です。

 

太平洋は「太」、大西洋は「大」であることに気をつけましょう。

 

また、それぞれの大洋が面している大陸も確認しておきましょう。インド洋であれば、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、オーストラリア大陸にかこまれています。

 

 

3.世界の州区分

世界は6つの州に区分されます。

 

まず、大陸の名前と州の名前が同じ州が3つあります。

北アメリカ南アメリカアフリカです。

 

ユーラシア大陸は、日本をふくむアジアと、イギリスやフランスなどをふくむヨーロッパにわかれています。

 

オーストラリア大陸は、オーストリアと周辺の島国などをふくめて、オセアニアとよばれます。

 

南極大陸は、州には属しません。

 

※ここで登場した世界地図は、全て http://www.craftmap.box-i.net/ に掲載のものを利用しました