歴史4-7① 江戸幕府の成立としくみ まとめ

1.江戸幕府の成立

1600年関ヶ原の戦い

東軍徳川家康西軍石田三成に勝利

 

江戸幕府の成立

1603年徳川家康征夷大将軍に任命される

 →江戸幕府を開く

 

大阪の陣

・1614・1615年の2度にわたる戦い

豊臣をほろぼす

 

 

2.江戸幕府の支配体制

幕領天領

・幕府の直接の支配地。約400万石

 ※将軍の家臣(旗本御家人)の領地は約300万石

  →全国約3000万石の4分の1近くを幕府が支配

 

②重要な都市の直接支配

・京都、大阪、長崎など

 

五街道の整備

東海道

中山道

・甲州道中(甲州街道)

・奥州道中(奥州街道)

・日光道中(日光街道)

→宿駅や関所を設けて交通・通信を統制

 

 

④江戸幕府のしくみ

 

大老…将軍のもとに臨時に置かれる最高職

老中…将軍のもとで幕府の政治を総括する最高職

若年寄老中の補佐

寺社奉行…寺社の取りしまり

大阪城代…西国大名の監視

大目付大名の監視、幕政の監督

町奉行…江戸の町政

勘定奉行…幕府の財政、幕領(天領)の監督

・遠国奉行…重要な都市の統治

 

三奉行寺社奉行町奉行勘定奉行

 

 

 

※漢字の読み方

関ヶ原の戦い:せきがはら

石田三成:いしだみつなり

幕領天領):ばくりょう(てんりょう)

・旗本:はたもと

・五街道:ごかいどう

中山道:なかせんどう

・甲州道中(甲州街道):こうしゅうどうちゅう(こうしゅうかいどう)

・奥州道中(奥州街道):おうしゅうどうちゅう(おうしゅうかいどう)

・宿駅:しゅくえき

大老:たいろう

老中:ろうじゅう

若年寄:わかどしより

寺社奉行:じしゃぶぎょう

大阪城代:おおさかじょうだい

大目付:おおめつけ

町奉行:まちぶぎょう

勘定奉行:かんじょうぶぎょう

・遠国奉行:おんごくぶぎょう