歴史4-6 桃山文化、南蛮文化 まとめ

1.桃山文化(安土桃山文化)

①特徴

戦国大名や大商人の権力・富を背景とした、豪華で壮大な文化

 

②建築

・城:壮大な天守閣書院造の広間

  例)安土城大阪城姫路城白鷺城

 

②絵画

障壁画…ふすまや障子にえがかれた

 →狩野永徳]や弟子の狩野山楽などの画家が活躍

・「唐獅子図屏風」:狩野永徳の代表作

 

③茶の湯

千利休が質素なわび茶の作法を完成

 

④芸能

かぶき踊り歌舞伎踊り):女性の出雲の阿国が始めた

 →江戸時代の[歌舞伎]のもととなった

 

浄瑠璃…三味線に合わせて物語を語り聞かせる演芸

 →江戸時代の人形浄瑠璃のもととなった

 ※三味線は琉球から伝わった三線をもとに作られた

 

 

2.南蛮文化

①特徴

南蛮貿易を通して、ヨーロッパの文化の影響を受けて成立した文化

・宣教師らにより、天文学、医学、航海術などの学問・技術、眼鏡や時計などの日用品が伝わる

 

②具体例

活版印刷術…活字印刷機を使った印刷術

 →ローマ字で書かれたキリシタン版「平家物語」など

 

・日本語になったポルトガル語も多い

 例)パンカステラコンペイトウカルタなど

 

 

 

※漢字の読み方

天守閣:てんしゅかく

姫路城(白鷺城):ひめじじょう(しらさぎじょう)

・障壁画:しょうへきが

狩野永徳:かのうえいとく

狩野山楽:かのうさんらく

唐獅子図屏風:からじしずびょうぶ

千利休:せんのりきゅう

出雲の阿国:いずものおくに

歌舞伎:かぶき

浄瑠璃:じょうるり

・三味線:しゃみせん

三線:さんしん