歴史4-4② 豊臣秀吉の統一事業 まとめ

1.羽柴秀吉(のち豊臣秀吉)の統一事業

本能寺の変の直後、明智光秀をたおす

織田信長の後継者の地位を勝ち取る

 

大阪城を築いて拠点とする

・朝廷から関白に任命される

豊臣姓を与えられる

 

惣無事令…天皇の命令として全国の大名に停戦をよびかける

 

・九州の島津を降伏させる

1590]年、関東の北条をほろぼす

 ※伊達政宗など東北地方の大名も秀吉に従った

 →天下統一を達成

 

 

2.豊臣秀吉の経済基盤

・200万石にもおよぶ領地

・重要な都市を直接支配

 例)大阪、京都、堺、博多、長崎

 

・鉱山:佐渡金山(新潟県)、石見銀山(島根県)など

 →大判・小判など統一的な貨幣を発行

 

 

3.キリスト教政策

バテレン追放令…宣教師の国外追放を命じる

 ※貿易は奨励したので、不徹底に終わる

 

 

 

※漢字の読み方

羽柴秀吉:はしばひでよし

関白:かんぱく

・惣無事令:そうぶじれい

伊達政宗:だてまさむね

佐渡金山:さどきんざん

石見銀山:いわみぎんざん

・奨励:しょうれい

・不徹底:ふてってい