歴史4-3 ヨーロッパ人の来航と南蛮貿易 まとめ

1.ヨーロッパ人の来航

鉄砲の伝来

1543年、中国人の倭寇の船に乗ったポルトガル人が種子島に漂着

→種子島の領主が鉄砲2丁を購入

 

・戦国大名に注目され、各地に広まる

足軽鉄砲隊の登場

・堺(大阪府)や国友(滋賀県)で職人が生産

 

キリスト教の伝来

・1549年、イエズス会の宣教師ザビエルフランシスコ・ザビエル)が鹿児島に上陸

→宣教師が各地で布教

・教会、民衆のための学校や病院を建設

・九州を中心にキリシタンが増加

 ※キリシタン大名になる大名も

  例)大友氏(大友宗麟)、有馬

 

・1582年、天正遣欧使節の派遣

 …伊東マンショら4人の少年をローマ教皇のもとへ派遣

 

 

2.南蛮貿易

南蛮人とよばれたスペインポルトガルとの貿易

・九州各地の戦国大名は貿易の利益を得るため、キリシタン大名になる者も多かった

 

・輸入品:鉄砲、火薬、ガラス製品、中国産の生糸・絹織物など

・輸出品:

 

 

 

※漢字の読み方

種子島:たねがしま

・足軽:あしがる

・国友:くにとも

・大友宗麟:おおともそうりん

・有馬:ありま

天正遣欧使節:てんしょうけんおうしせつ

南蛮:なんばん