歴史4-16① 外国船の来航、国内の動揺 まとめ

1.外国船の来航と幕府の対応

①1792年、ロシアラクスマンが来航

・蝦夷地の根室に来航

・漂流民大黒屋幸太夫を送り届け、通商(貿易)を求める

 

 

②1804年、ロシアのレザノフが来航

・長崎に来航し、通商を求めるが幕府は拒否

 

③幕府による蝦夷地・樺太(サハリン)の調査

・最上徳内

・近藤重蔵

間宮林蔵伊能忠敬に測量術を学ぶ。樺太が島であることを発見

 →幕府は蝦夷地を直接の支配地にした

 

④1808年、フェートン号事件

イギリスの軍艦がオランダ船を追い長崎港に侵入

 

1825年異国船打払令外国船打払令

日本に近づく外国船を砲撃し追い払うことを命じた

 

⑥1837年、モリソン号事件

・漂流民を送り届けに来たアメリカの商船を砲撃した事件

 →蘭学者の渡辺崋山高野長英が幕府の政策を批判

 →蛮社の獄:1839年、幕府は2人を処罰

 

 

2.国内の動揺

①1830年代、天保のききんが発生

・農村で百姓一揆、都市部で打ちこわしが急増

 

大塩の乱大塩平八郎の乱

・1837年、もと大阪町奉行所の役人で陽明学者の大塩平八郎が、弟子などとともに乱をおこす

・幕府に衝撃が走る

 

渋染一揆

・1855年、岡山藩が倹約令を出す

 →えた身分の人々が抗議の嘆願書を提出

 →岡山藩は倹約令を撤回

 

 

 

※漢字の読み方

根室:ねむろ

・漂流民:ひょうりゅうみん

大黒屋幸太夫:だいこくやこうだゆう

・最上徳内:もがみとくない

・近藤重蔵:こんどうじゅうぞう

間宮林蔵:まみやりんぞう

樺太:からふと

異国船打払令:いこくせんうちはらいれい

渡辺崋山:わたなべかざん

高野長英:たかのちょうえい

蛮社の獄:ばんしゃのごく

大塩平八郎:おおしおへいはちろう

渋染一揆:しぶぞめいっき