歴史4-15② 化政文化 まとめ

化政文化

特徴:19世紀前半の文化・文政年間に江戸を中心に栄えた、庶民を担い手とする文化

 

1.浮世絵の発展

錦絵

・多色刷りの版画

鈴木春信が創始

 

東洲斎写楽の活躍

・人気の歌舞伎役者の絵を描く

 

③美人画

喜多川歌麿の「ポッピンを吹く女」など

 

④風景画

葛飾北斎の「富嶽三十六景

歌川広重安藤広重)の「東海道五十三次

 

 

2.文学

十返舎一九のこっけい本「東海道中膝栗毛

滝沢馬琴の長編小説「南総里見八犬伝

 

 

3.文芸

①俳諧

与謝蕪村:風景を絵画的に表現

小林一茶:農民の素朴な感情を表現

 

川柳

・俳諧の形式(5・7・5)で世相や政治を皮肉った

 

狂歌

・和歌の形式(5・7・5・7・7)で世相や政治を皮肉った

 

 

4.教育の広がり

①私塾

・学者が設立した塾

・武士・町人・百姓などを広く受け入れた

 

※おもな私塾の例

・適塾…医者の緒方洪庵が大阪に設立

・鳴滝塾…オランダ商館の医者シーボルトが長崎に開いた医学塾

 

藩校

・各地の藩が設立した、人材育成のための武士の学校

儒学などを教えた

 

寺子屋

・町や農村に多数設立された庶民の教育機関

読み・書き・そろばんなど実用的な知識を教えた

 

 

 

※漢字の読み方

錦絵:にしきえ

鈴木春信:すずきはるのぶ

東洲斎写楽:とうしゅうさいしゃらく

喜多川歌麿:きたがわうたまろ

葛飾北斎:かつしかほくさい

富嶽三十六景:ふがくさんじゅうろっけい

歌川広重安藤広重):うたがわひろしげ(あんどうひろしげ)

東海道五十三次:とうかいどうごじゅうさんつぎ

十返舎一九:じっぺんしゃいっく

東海道中膝栗毛:とうかいどうちゅうひざくりげ

滝沢馬琴:たきざわばきん

南総里見八犬伝:なんそうさとみはっけんでん

与謝蕪村:よさぶそん

小林一茶:こばやしいっさ

川柳:せんりゅう

狂歌:きょうか

・適塾:てきじゅく

・緒方洪庵:おがたこうあん

・鳴滝塾:なるたきじゅく

寺子屋:てらこや