歴史4-12② 元禄文化 まとめ

元禄文化

1.特徴

・京都や大阪など上方の都市の繁栄を背景に栄えた、経済力のある有力な町人を担い手とする町人文化

・5代将軍徳川綱吉の時期を中心とする

 

2.文学・文芸

浮世草子

・町人の生活をいきいきとえがいた小説

井原西鶴の「日本永代蔵」など

 

俳諧(俳句)

・連歌をもとに成立

松尾芭蕉の俳諧紀行文「奥の細道」など

 

③人形浄瑠璃

・脚本家の近松門左衛門が活躍

・「曾根崎心中」など

 

 

3.美術

①17世紀前半

俵屋宗達:代表作「風神雷神図屏風

 

②装飾画

尾形光琳が大成。代表作「燕子花図屏風

 ※俵屋宗達の影響を受ける

 

浮世絵

・町人の生活や文化をえがいた庶民的な絵画

菱川師宣が祖 ※代表作:「見返り美人図

 

 

4.芸能

歌舞伎

・演劇として発達

・庶民に親しまれる

・上方の坂田藤十郎、江戸の市川団十郎など名優も

 

 

5.庶民のくらし

年中行事の広まり

・正月の雑煮、ひな祭り、盆踊りなど

 

②食事

1日3食が一般化

 

 

 

※漢字の読み方

上方:かみがた

浮世草子:うきよぞうし

井原西鶴:いはらさいかく

日本永代蔵:にっぽんえいたいぐら

松尾芭蕉:まつおばしょう

近松門左衛門:ちかまつもんざえもん

曾根崎心中:そねざきしんじゅう

俵屋宗達:たわらやそうたつ

風神雷神図屏風:ふうじんらいじんずびょうぶ

尾形光琳:おがたこうりん

燕子花図屏風:かきつばたずびょうぶ

浮世絵:うきよえ

菱川師宣:ひしかわもろのぶ

・坂田藤十郎:さかたとうじゅうろう

・市川団十郎:いちかわだんじゅうろう

年中行事:ねんちゅうぎょうじ