歴史4-12① 三都の発展、徳川綱吉と新井白石の政治 まとめ

1.三都の発展

①江戸

・「将軍のおひざもと

・人口100万人の大都市

 

②大阪

・「天下の台所

・各藩が蔵屋敷を建て、年貢米や特産物を販売

 

③京都

・伝統的な文化の中心地

西陣織清水焼などの工芸品を生産

 

 

2.都市部の経済活動の活発化

株仲間

・商人が結成した同業者組織。営業税を納め、営業の独占を許可される

 

両替商

・金・銀・銭を交換する

・江戸の三井家や大阪の鴻池家は大名にも資金を貸し付け

 ※三井高利が越後屋呉服店を経営

 

 

3.第5代将軍徳川綱吉の政治

・将軍在職:1680~1709年)

儒学の奨励:特に朱子学を重視

生類憐みの令極端な動物愛護令。なかでもを大切にした

 

・質の悪い貨幣を大量発行(財政難への対応)

 →物価が上昇、人々の生活が苦しくなる

 

 

4.第6・7代将軍の時期

・期間:1709~1716年

・儒学者の新井白石が政治を担当

・財政の立て直しのために、貨幣の質を元にもどす

・長崎での貿易を制限:金・銀の流出をおさえる

 

 

※漢字の読み方

蔵屋敷:くらやしき

西陣織:にしじんおり

清水焼:きよみずやき

 

両替商:りょうがえしょう

三井家:みついけ

鴻池家:こうのいけけ

・三井高利:みついたかとし

・越後屋呉服店:えちごやごふくてん

徳川綱吉:とくがわつなよし

朱子学:しゅしがく

生類憐みの令:しょうるいあわれみのれい

新井白石:あらいはくせき