歴史4-11 農業と諸産業の発達 まとめ

1.農業

新田開発

・幕府や藩がさかんに行い、耕地を拡大

・耕地面積の増大:18世紀初めに豊臣秀吉の時代の[2]倍

 

②さまざまな農具

備中ぐわ…深くたがやせる

千歯こき…脱穀を効率的に行える

唐箕…風をおこして米粒・もみがら・ちりを分ける

 

③商品作物

・販売して現金を得るための作物

・紅花:染料用

綿:衣料用

菜種:油を灯りに使用

 

④肥料

干鰯:いわしを日干しにしたもの

油粕:菜種などから油をしぼったかす

 

 

2.鉱山開発と貨幣の発行

①おもな鉱山

佐渡金山(新潟県)

生野銀山(兵庫県)

石見銀山(島根県)

別子銅山(愛媛県)

足尾銅山(栃木県)

 

②貨幣の鋳造

・江戸や京都の金座で金貨、銀座で銀貨をつくる

・全国各地の銭座で銅貨の寛永通宝をつくる

 

 

3.漁業

①おもな魚と産地

・紀伊(和歌山県)や土佐(高知県):捕鯨・かつお

九十九里浜(千葉県):いわし漁 →干鰯に加工

・蝦夷地(北海道):にしん漁・こんぶ漁

 

 

4.各地の特産物

・しょう油:野田・銚子(千葉県)

・酒:灘(兵庫県)

・磁器:金沢(石川県)、有田(佐賀県)

・漆器:輪島(石川県)、会津(福島県)

・鋳物:南部(岩手県)

・紙:越前(福井県)、美濃(岐阜県)

 

 

5.海上交通路の整備

西廻り航路

・日本海沿岸(東北・北陸地方)~瀬戸内海~大阪

 

東廻り航路

・日本海沿岸(東北・北陸地方)~太平洋沿岸~江戸

 

菱垣廻船樽廻船

・太平洋側:大阪と江戸を結ぶ

 

 

 

※漢字の読み方

備中ぐわ:びっちゅうぐわ

千歯こき:せんばこき

唐箕:とうみ

:あい

・紅花:べにばな

菜種:なたね

干鰯:ほしか

油粕:あぶらかす

生野銀山:いくのぎんざん

石見銀山:いわみぎんざん

別子銅山:べっしどうざん

銭座:ぜにざ

寛永通宝:かんえいつうほう

・捕鯨:ほげい

九十九里浜:くじゅうくりはま

干鰯:ほしか

・野田:のだ

・灘:なだ

・鋳物:いもの

・美濃:みの

菱垣廻船:ひがきかいせん

樽廻船:たるかいせん