歴史3-6 建武の新政、南北朝の動乱、室町幕府 まとめ

1.建武の新政

①特徴

・後醍醐天皇による天皇中心の政治

・公家(貴族)重視の政策

 

②結果

・武士の不満が高まる

 →後醍醐天皇と対立した足利尊氏が兵をあげる

・新政は2年余りで失敗に終わる

 

 

2.南北朝の動乱内乱

2つの朝廷

北朝京都足利尊氏が京都に新たな天皇を立てて成立

 →室町幕府ができる

 

吉野奈良県)。京都からのがれた後醍醐天皇がたてた朝廷

 

 

3.室町幕府の成立

①成立

・1338年、足利尊氏が北朝の天皇から征夷大将軍に任命される(初代将軍)

 →京都に幕府を開く

 

3代将軍足利義満

・京都の室町に御所を建て、政治を行う

 →室町幕府とよばれる

・1392年、南北朝を統一

 

 

4.室町幕府のしくみ

①中央

管領…将軍の補佐役。足利氏の一族(細川氏、畠山氏など)の有力な守護がついた

侍所政所問注所:鎌倉時代と同様におかれた

 

②地方

鎌倉府…関東を中心に支配。長官の鎌倉公方には足利氏の一族がついた。幕府と対立することも

 

守護:幕府から強い権限を与えられた

 →一国を支配するようになり、守護大名とよばれた

 

 ※幕府の政治に関与するものもいた

 

 

 

※漢字の読み方

・建武の新政:けんむのしんせい

南北朝の動乱内乱):なんぼくちょうのどうらん(ないらん)

 

足利義満:あしかがよしみつ

管領:かんれい

鎌倉府:かまくらふ

・鎌倉公方:かまくらくぼう