歴史3-5② 鎌倉幕府の滅亡 まとめ

1.鎌倉幕府のおとろえ

①御家人の生活が苦しくなる

→その理由

分割相続により領地が小さくなっていた

元寇での戦いに対する恩賞がほとんどない

 

②幕府の対応

・1297年、幕府は徳政令永仁の徳政令)を発令

→内容:借金の帳消しや、御家人が失った土地をただで取り戻させた

 ※しかし、かえって経済が混乱

 

悪党の出現

・荘園領主に年貢を納めず、幕府にも従わない、新興の武士や商人の集団

 

 

2.鎌倉幕府の滅亡

後醍醐天皇の動き

・幕府を倒そうという計画を立てる

 ※政治の実権を朝廷に取りもどすため幕府をたおそうと計画

 →一度は失敗し、隠岐(島根県)に流される。のち脱出

 

②鎌倉幕府の滅亡

・新興武士の楠木正成、有力御家人の足利尊氏・新田義貞ら

 →後醍醐天皇に協力し、幕府をたおすために動く

・1333年、鎌倉幕府がほろぶ

 

 

※漢字の読み方

永仁の徳政令:えいにんのとくせいれい

悪党:あくとう

後醍醐天皇:ごだいごてんのう

楠木正成:くすのきまさしげ

足利尊氏:あしかがたかうじ

・新田義貞:にったよしさだ