歴史3-3 武士と民衆の生活 まとめ

1.地頭の荘園支配

①地頭と荘園領主の争いが発生

 →解決策

 ・下地中分地頭荘園領主で土地を半分に分け、それぞれの支配権を認める

 ・地頭が一定額の年貢を請け負い、領主に納める

 

②地頭を訴える

・紀伊(和歌山県)の阿氐河荘の農民

 →地頭のひどい行いを片仮名で書きつらね、荘園領主に訴えた

 

 

2.武士の生活

・「弓馬の道」、「武士の道」など

 …名誉を大切にし、恥を嫌う態度、武士の心構え

笠懸流鏑馬など、武芸の訓練にはげんだ

惣領…武士の一族の長。一族をまとめ、団結した

・領地は分割相続で、女性女子)にも相続が認められ、女性の地頭もいた

 

 

3.民衆の生活

牛馬)、鉄製の農具を使った農耕

を焼いたを肥料として使う

二毛作…同じ農地で1年に2種類の作物を収穫すること。米の裏作に麦を収穫した

定期市)…寺社の門前や交通の要所などで定期的に開かれた

・売買には中国から輸入された銅銭宋銭)を使用

 

 

※漢字の読み方

下地中分:したじちゅうぶん

・阿氐河荘:あてがわのしょう

・弓馬の道:きゅうばのみち

・武士の道:もののふのみち

笠懸:かさがけ

流鏑馬:やぶさめ

惣領:そうりょう

二毛作:にもうさく