歴史3-10 室町文化 まとめ

室町文化

・優雅な公家文化と、素朴で力強い武家文化が融合してできた文化

 

1.北山文化

・3代将軍足利義満のころに栄えた文化

 

①建築

鹿苑寺金閣足利義満北山の別荘に建てた

 

②芸能

…猿楽や田楽などの芸能をもとに、観阿弥世阿弥親子が大成。武家の保護を受ける

 

 

2.東山文化

・8代将軍足利義政のころに栄えた文化

 

①建築

慈照寺銀閣足利義政東山の別荘に建てた

 ※同じ敷地にある東求堂同仁斎書院造の建物

 

書院造…室町時代に成立した建築様式

 →特徴:床の間、ちがい棚、ふすま・障子、たたみ、天井をはる など

 ※現在の和風建築のもととなる

 

②芸術

水墨画…墨の濃淡で自然をえがく。雪舟が大成

枯山水…石と白い砂利で水や自然を表現する手法

 例)龍安寺(京都府)の石庭

 

 

3.民衆への文化の広がり

①芸能

狂言…能の合間に上演される演劇。民衆の生活や感情を表現

 

②文芸

連歌…人々が集まって、上の句と下の句を次々によんでつなげていく文芸

御伽草子お伽草子)…絵入りの物語。仏教・儒教の教えや、民間の伝承などをまとめた。

 例)「一寸法師」「浦島太郎」「ものぐさ太郎」など

 

③教育

足利学校…上杉氏が再興。僧や武士が集まり儒学を中心に学んだ

 

 

 

※漢字の読み方

・鹿苑寺金閣:ろくおんじきんかく

:のう

・猿楽:さるがく

・田楽:でんがく

観阿弥:かんあみ

世阿弥:ぜあみ

・慈照寺銀閣:じしょうじぎんかく

・東求堂同仁斎:とうぐどうどうじんさい

書院造:しょいんづくり

水墨画:すいぼくが

雪舟:せっしゅう

枯山水:かれさんすい砂利で水や自然を表現する手法

龍安寺:りょうあんじ

狂言:きょうげん

連歌:れんが

御伽草子お伽草子):おとぎぞうし