地理3-8 オセアニア州 解説

1.オセアニア州について

①先住民

 オーストラリアやニュージーランドには、もともと先住民が暮らしていました。オーストラリアの先住民はアボリジニアボリジニー)、ニュージーランドの先住民はマオリです。

 

 

②オセアニア州の気候

 オーストラリアの気候についてですが、内陸の大部分は広大な乾燥帯が広がっています。北部は熱帯東部や南西部は温帯となっています。

 北部が熱帯になっている理由は、オーストラリアは南半球に位置するため、北に行くほど赤道に近づいて暑くなるからです。

 

 ニュージーランドの気候は温帯で、温帯の中でも西岸海洋性気候がほぼ全土に広がっています。

 

 

2.オーストラリアについて

①基礎データ

 オーストラリアの人口は約2200万人、面積は世界6位の広さで、日本の約20倍になります。そのため、人口密度は小さいです。

 

②最大の貿易相手国の変化

 オーストラリアの貿易についてです。最大の貿易相手国の変化を見ていくと、1960年はイギリスでした。ですがその後、イギリスがヨーロッパ共同体(EC)、現在のヨーロッパ連合(EU)に加盟したことで、イギリスはEUの国々との貿易が増加したこともあり、オーストラリアとイギリスとの貿易額は減少していきました。

 

 その後、1980年代から2000年代にかけては、日本が最大の貿易相手国となりました。さらに現在は中国が最大の貿易相手国となり、日本は2位となっています。他にも韓国や東南アジアなど、アジアの国々との貿易が多くなっています。

 

 

③おもな輸出品目の変化

 1960年代は羊毛が輸出の中心でした。現在は鉄鉱石石炭など鉱産資源が中心となっていますが、羊毛の生産量・輸出量は現在も1位です。

 

 

④資源の分布

 オーストラリアでは、石炭と鉄鉱石が多く産出します。石炭はおもに東部(北東部・南東部)で、鉄鉱石は北西部でとれます、

 石炭が多くとれるため、オーストラリアでは火力発電の割合が約90%ととても高くなっています。

 

 

⑤放牧の分布

 オーストラリアでは、が多く放牧されています。その分布を見ると、は南東部・南西部では北東部で多く放牧されています。南半球のオーストラリアでは北が暑くなりますから、毛むくじゃらの羊は暑い北では過ごしにくいですね。ですので、南に羊、暑い北に牛、と覚えておくと便利です。

 

 

⑥社会の変化

 かつては白豪主義といって、ヨーロッパ系以外の移民を制限する政策をとっていました。この白豪主義は1970年代に廃止され、現在は多文化主義を採用しています。こうして、アジア各地からの移民が増加し、オーストラリアは多文化社会になっています。

 

 

⑦日本との関係

 日本への輸出品目では、石炭鉄鉱石、肉類などが中心です。

 

 オーストラリアは日本からほぼ真南に位置するため、時差があまりありません。オーストラリアにはいくつかの時間帯がありますが、そのいずれにおいても、日本との時差は2時間以内となっています。

 また、南半球に位置するので、日本と季節が逆になります。そういうこともあって、夏のオーストラリアから冬の日本への旅行客、特に北海道へのスキー客が多くなっています。