地理3-2 アジア州② 解説

1.東南アジアについて

東南アジア諸国連合ASEAN

東南アジアの国々は、1967年に東南アジア諸国連合ASEAN)を結成しました。結成当時は5か国でしたが、現在は10か国が加盟しており、政治の安定や経済分野での協力などを進めています。

 

華人

東南アジア各地には、多くの中国系の人々が活躍しています。そのなかでも現地の国籍を取得した中国系の人々のことを、華人といいます。

 

③宗教の分布

東南アジアには、さまざまな宗教が分布しています。同じ国内でも、いくつもの宗教が見られることもめずらしくありません。大まかな分布を確認しておきますと、キリスト教フィリピンに多く、イスラム教マレーシアインドネシア仏教タイミャンマーベトナムなどユーラシア大陸の国に多く分布しています。

 

④産業

 タイインドネシアの海岸付近には、日本への輸出用としてえびの養殖場が多く造成されています。海岸に広がるマングローブを切り開いて養殖場を造成するため、環境破壊が問題となっています。

 

 東南アジアは熱帯に属すところが多く、気温が高く降水量も多くなっています。そのような気候を利用して、米の二期作もさかんに行われており、タイは米の輸出量が世界でも有数となっています(世界1位の年も多い)。

 

 マレーシア、インドネシア、フィリピンなどでは、プランテーションとよばれる大農園で、輸出用作物の生産が行われています。マレーシアとインドネシアでは、天然ゴムアブラやし油やし)、フィリピンではバナナの生産が多いです。なお、パーム油は、アブラやしから得られます。

 

⑤輸出品目の変化

 東南アジアの各国の輸出品目を見てみると、1980年と2013年とで、大きく変化していることがわかります。これは工業化が進んだことを意味しています。

 

 マレーシアでは、1980年のおもな輸出品目は、石油原油)・天然ゴムと、資源・原料の輸出が中心でした。2013年には、機械類が中心となっています。

 

 タイでは、1980年は、、野菜・果実、天然ゴムと、食料が中心でした。2013年には、マレーシアと同様、機械類が中心となっています。なお、輸出に占める米の割合は下がっていますが、現在もタイは世界1・2位の世界有数の米の輸出国です。

 

 インドネシアも工業化が進んでいますが、マレーシアやタイとは少し異なります。1980年は石油原油が中心で、2013年は、石炭、天然ガス、機械類、パーム油の順になっています。どちらも資源の輸出が最も多くなっていますが、機械類が増加しています。マレーシアやタイに比べて遅れて工業化が進んでいることがうかがえます。

 

 

2.インド

①基礎データ

 インドの人口は約12億人で、世界2位です(1位は中国、3位はアメリカ)。ですが、将来的には中国を抜いて1位になる見込みです。多くの言語が使用されていますが、準公用語として英語を共通言語としています。

 宗教は、人口の約7割ヒンドゥー教です。そのため、牛肉を食べません。

 その他の特徴として、かつてインドにあったカースト制度の影響が現在も残っており、職業選択や結婚などで差別が続いてきました。 

 

②インドの産業

 インドでは情報技術IT産業情報通信技術ICT関連産業)がさかんです。その理由はいくつかありますが、その1つをあげると、カースト制度が成立した当時にはIT産業が存在しませんでした(存在するはずがない)。そのため、職業選択においてカースト制度の影響を受けないIT産業に従事する人が多いということです。

 

 米、小麦の生産量は世界2位です。その理由は、中国と同じで、多くの人口を養うためには、それだけ多くの食料を生産する必要があるからです。

 

 

3.西アジア・中央アジア

①西アジアのおもな民族・言語・宗教

 西アジアにはアラブ系の人々が多く暮らしていて、言語はアラビア語、宗教はイスラム教が多くをしめています。

 

②西アジアの資源

 西アジアでは石油原油)が多く産出するため、主要な輸出品となっています。産油国は石油輸出国機構OPEC)を結成し、世界の石油産出量や価格の決定に影響を与えています。

 

 

③中央アジアの資源

 中央アジアでは、石炭、石油(原油)、天然ガス、希少金属(レアメタル)など、さまざまな資源が算出します。

 

 

④産業

西アジア・中央アジアは気候が乾燥しているため、遊牧がさかんです。