地理3-2 アジア州② まとめ

1.東南アジアについて

東南アジア諸国連合(ASEAN)

・1967年結成。

→現在10か国が加盟

 

華人

中国系の人々。東南アジア各地で活躍

 

③宗教の分布

ⅰ.キリスト教

フィリピン

 

ⅱ.イスラム教

マレーシアインドネシア

 

ⅲ.仏教

タイミャンマーベトナムなど

 

④産業

ⅰ.えびの養殖場

タイインドネシア:海岸に広がるマングローブを切り開いて造成

 →日本への輸出用

 

ⅱ.米の二期作

タイ米の輸出量が多い

※世界1位の年もある

 

ⅲ.プランテーション(大農園)

・輸出用作物を生産

例1マレーシアインドネシア天然ゴムアブラやし(油やし)

   ※アブラやしからパーム油が得られる

例2フィリピンバナナ

 

⑤輸出品目の変化 ※1980年→現在

ⅰ.マレーシア

・1980年:石油(原油)、天然ゴム

・現在:機械類が中心

 

ⅱ.タイ

・1980年:、野菜・果実、天然ゴム

・現在:機械類が中心

 ※米の割合は下がっているが、現在も有数の米の輸出国

 

ⅲ.インドネシア

・1980年:石油(原油)、石油ガス

・現在:石炭、天然ガス、機械類、パーム油など

 

 

2.インド

①基礎データ

・人口:約12億人。世界2位

 ※将来的には中国を抜いて1位になる見込み

・言語:英語を共通言語とする(準公用語)

・宗教:人口の約7割がヒンドゥー教

  ※牛肉を食べない

カースト制度:身分制度により職業や結婚が制限されてきた

 

②インドの産業

情報技術(IT)産業情報通信技術(ICT)関連産業)がさかん

 ※カースト制度の影響が少ないため

・米、小麦の生産量は世界2位

 

 

3.西アジア・中央アジア

①西アジアのおもな民族・言語・宗教

アラブ系の人々が多く暮らす

・言語:アラビア語が多い

・宗教:イスラム教が多い

 

②西アジアの資源

石油(原油)の産出量が多く、輸出額の多くを占める

・産油国は石油輸出国機構(OPEC)を結成

 

③中央アジアの資源

・石炭、石油(原油)、天然ガス、希少金属(レアメタル)など

 

④産業

遊牧:西アジア・中央アジアでさかん

 ※乾燥した気候のため

 

⑤近年の変化

・アラブ首長国連邦のドバイ:高層ビルの建設が進む