地理5-1 九州地方 まとめ

1.九州地方

①気候・自然

・暖流:対馬海流黒潮日本海流

 

・火山:阿蘇山桜島雲仙岳普賢岳)など

 →利用:観光資源地熱発電

 

 ※観光資源:温泉

  地熱発電再生可能エネルギーの1つ

 

南西諸島亜熱帯の気候

台風が多い:台風の通り道にあたるため

 

 

②農業

筑紫平野稲作。米の産地

 ※二毛作…同じ土地で1年に2種類の作物を栽培すること

 米の収穫後、大麦・小麦を栽培している

 

棚田:山がちなところに形成されている

 

宮崎平野:温暖な気候

 ※促成栽培…温暖な気候を利用して、出荷時期を早める栽培方法

 きゅうり・ピーマンなどをビニールハウスで栽培している

 

シラス台地火山灰が積もった台地

 →鹿児島県から宮崎県南部にかけて広がる

 →畑作畜産がさかん:水分を保ちにくく、稲作には向いていないため

 

南西諸島:さとうきび、パイナップル、花などの栽培がさかん

 

 

③工業

・官営八幡製鉄所:明治時代に設立

 →鉄鋼の生産:石炭(筑豊炭田)と鉄鉱石(中国から輸入)

 →北九州工業地帯地域)の形成

 

エネルギー革命

 …1960年代、おもな資源が石炭から石油に変わる

 →北九州工業地帯(地域)の地位は低下

 

・現在のおもな工業:IC集積回路)と自動車

→九州地方はシリコンアイランドとよばれる

 

 

④公害

水俣病:四大公害病の1つ。熊本県を中心に発生

 →2008年、水俣市は環境モデル都市に

 

※四大公害病:水俣病イタイイタイ病新潟水俣病四日市ぜんそく

 

 

2.福岡県

福岡市:県庁所在地。人口100万人をこえる。政令指定都市。九州地方の中心

筑紫平野で稲作がさかん

 

 

3.佐賀県

・干潟の広がる有明海に面している

 →のりの養殖がさかん

 

 

4.長崎県

・平地が少ない

雲仙岳普賢岳):1991年に噴火し、火砕流などの大きな被害をもたらした

 

海岸線の長さは全国2位(1位は北海道)

 ※理由:離島が多いことと、海岸線が複雑だから

 

 

5.熊本県

 ・世界最大級のカルデラをもつ阿蘇山がある

 

 

6.大分県

別府温泉:全国有数の温泉観光地

 

 

7.宮崎県

宮崎平野で野菜の促成栽培を行う

・畜産:ブロイラー(食用のにわとり)、肉牛、豚の飼育がさかん

 

 

8.鹿児島県

屋久島:1993年に世界遺産に登録

種子島:鉄砲伝来の地。宇宙センターがある

 

シラス台地が広がる

・畜産:鹿児島県の農業生産額の50%以上を占める

 →ブロイラー、肉牛、豚の飼育がさかん

※ブロイラーの飼育頭数は、宮崎県と鹿児島県が全国1・2位

 

さつまいもの生産量は全国1位

の生産量は全国2位 (1位は静岡県)

 

 

9.沖縄県

・観光業がさかん

→第3次産業従事者の割合が高い(約80%)

 ※全国平均は約70%

 

・出生率が全国1位