地理3-8 オセアニア州 まとめ

1.オセアニア州について

①先住民

・オーストラリア:アボリジニアボリジニー

・ニュージーランド:マオリ

 

 

②オセアニア州の気候

オーストラリア

乾燥帯:内陸の大部分

熱帯:北部

 ※南半球なので、北に行くほど赤道に近づき、暑くなる

温帯:東部、南西部

 

ニュージーランド

温帯西岸海洋性気候

 

 

2.オーストラリアについて

①基礎データ

・人口:約2200万人

・面積:日本の約20倍

 →人口密度は小さい

 

②最大の貿易相手国の変化

・1960年:イギリス

 ※その後、イギリスがECに加盟したことで、イギリスとの貿易額が減少

 

・1980年代~2000年代:日本

・現在:中国(日本は2位)

 ※現在はアジアの国々との貿易が多い

 

 

③おもな輸出品目の変化

・1960年代:羊毛が中心

・現在:鉄鉱石石炭など鉱産資源が中心

 

 

④資源の分布

石炭:東部(北東部・南東部)

 ※火力発電の割合が高い。約90%

 

鉄鉱石:北西部

 

 

⑤放牧の分布

:南東部・南西部

:北東部

 

 

⑥社会の変化

・かつては白豪主義:ヨーロッパ系以外の移民を制限

 →1970年代に廃止

 

・現在は多文化主義を採用:アジア各地からの移民が増加

 →多文化社会になっている

 

 

⑦日本との関係

・日本への輸出:石炭鉄鉱石、肉類など

・日本と時差があまりない

・日本と季節が逆

 →北海道へのスキー客が多い