地理3-4 ヨーロッパ州② まとめ

ヨーロッパ各国について

 

1.イギリス

産業革命:世界に先がけて鉄鋼業・機械工業が発達

北海油田の開発により、石油輸出国となる

 

ユーロは導入していない

・2016年、国民投票でEUからの離脱を決めた

 

 

2.フランス

EU最大の農業国

小麦の輸出は世界2位

 ※アメリカが1位

 

・日本より面積が大きい

原子力発電の割合が先進国で最大(約80%)

・航空・宇宙分野で世界の最先端技術を誇る

 

 

3.ドイツ

EU最大の工業国

ルール地方はヨーロッパ最大の工業地域

 ※ルール工業地域地帯)を形成

 

・EUの経済・通貨・政治的統合の中心的存在

 ※GDPはヨーロッパ最大。世界全体で4位

 

・加工貿易国として機械類自動車を多く輸出

・ほかに医薬品の輸出も目立つ

 

 

4.スイス

・永世中立国

・日本への輸出品:医薬品精密機器、電気機器など

・自然環境を活用した観光産業も

・言語:ドイツ語が人口の約3分の2

 ※他にフランス語、イタリア語、ロマンシュ語も公用語

 

 

5.ロシアロシア連邦

・面積:世界1位、日本の約45倍

・人口:約1.4億人。日本より多い

・気候:冷帯亜寒帯)が中心。一部に寒帯

 

・南部の黒色土黒土地帯小麦を栽培

パイプラインで石油・天然ガスをEU諸国に送る

タイガ針葉樹の森林。シベリア地方に広がる