公民2-7 国民の義務と公共の福祉 用語確認

次の各問いに答えなさい。(  )には適語を入れなさい。

 

1.日本国憲法で規定されている国民の三大義務とは、子どもに( ① )を受けさせる義務、( ② )の義務、( ③ )の義務である。このうち、( ③ )については、憲法では義務のみが明記されており、権利の規定はない。

 

2.国民は憲法によってさまざまな権利が保障されているが、社会に共通する利益を優先するために、制約を受けることがある。「社会に共通する利益」のことを何というか。

 

3.他人の名誉を傷つける行為は禁止されている。これは2の考え方によって(  )の自由が制限される例といえる。

 

4.医師など資格がなければつけない職業がある。これは2の考え方によって(  )の自由が制限される例といえる。

 

 

解答

1.①普通教育 ②勤労 ③納税

2.公共の福祉

3.表現

4.職業選択