人物歴史8 江戸時代③ 用語確認

次の各問いに答えなさい。

 

1.1853年に浦賀(神奈川県)に来航したアメリカの使節で、1854年に再び来航して日本と日米和親条約を結んだのはだれか。

 

2.1858年、日米修好通商条約の調印を断行した大老で、安政の大獄で幕府の政策に反対する人々を処罰したが、桜田門外の変で暗殺された人物はだれか。

 

3.土佐藩出身の人物で、薩長同盟の成立の際に仲介役を果たしたのはだれか。

 

4.薩長同盟が成立したころの薩摩藩の中心人物の1人で、のちに明治政府の役人になるが辞職し、1877年に西南戦争をおこして自害したのはだれか。

 

5.薩長同盟が成立したころの薩摩藩の中心人物の1人で、のちに明治政府の中心人物として活躍するが、暗殺されたのはだれか。

 

6.薩長同盟が成立したころの長州藩の中心人物の1人で、のちに明治政府の役人となったのはだれか。

 

7.江戸幕府の15代将軍で、1867年に大政奉還を行い朝廷に政権を返上したのはだれか。

 

 

解答

1.ペリー

2.井伊直弼

3.坂本龍馬坂本竜馬

4.西郷隆盛

5.大久保利通

6.木戸孝允

 

7.徳川慶喜