人物歴史7 江戸時代② 用語確認1

次の各問いに答えなさい。

 

1.江戸幕府の8代将軍で、18世紀前半に約30年にわたって享保の改革を行ったのはだれか。

 

2.商人の力を借りて幕府財政の再建をめざし、株仲間の結成を積極的に受け入れたが、わいろが横行して批判を受け、天明のききんによって百姓一揆や打ちこわしが多発し、老中を辞めさせられたのはだれか。

 

3.もと幕府の役人で、天保のききんで苦しむ人々を救うために乱をおこしたのはだれか。

 

4.前野良沢らとともに「解体新書」を出版し、蘭学の基礎を築いたのはだれか。

 

5.「富嶽三十六景」などの作品をえがいたのはだれか。

 

6.「東海道中膝栗毛」の作者はだれか。

 

7.化政文化の時期に、俳諧(俳句)を通して農民の気持ちをよんだのはだれか。

 

 

解答

1.徳川吉宗

2.田沼意次

3.大塩平八郎

4.杉田玄白

5.葛飾北斎

6.十返舎一九

 

7.小林一茶