人物歴史3 平安時代(11・12世紀)解説

③11世紀(1001~1100年)

11世紀の初め~半ばに、藤原氏による摂関政治が全盛期をむかえます。[藤原道長]と、その子[藤原頼通]のときでしたね。藤原氏は、天皇が幼いときには摂政、成人してからは関白として政治の実権をにぎりました(摂関政治)。さらに、藤原氏は娘を天皇のきさきにし、生まれた男子を次の天皇にすることで、大きな影響力をもつようになりました。

藤原道長]は、「この世をば わが世とぞ思う 望月の 欠けたることも なしと思えば」という和歌をよみ、その繁栄ぶりを誇りました。

 

 

摂関政治が栄えた時期は、国風文化が最も発達した時期でもありました(国風文化は、紀貫之の時期もふくみますので、範囲が広いです)。

 

かな文字が登場したことですぐれた文学作分が登場しました。

 

紫式部]は小説の「源氏物語」を、[清少納言]は随筆の「枕草子」を書きました。

また、[藤原頼通]は、京都の宇治に平等院鳳凰堂を建立しました。10円玉にもえがかれていますね。

 

 

藤原頼通のあと、摂関家(藤原氏)はおとろえていきました。かわって政治の実権をにぎったのが、天皇の位をゆずった上皇でした。上皇による政治を、院政といいます。院政を初めて行ったのが、[白河上皇]でした。

 

 

④12世紀~源平の争乱(1101~1185年)

武士は朝廷とつながりをふかめ、政治的な発言力を増大させていきました。12世紀後半以降になると、武士のなかでも平氏が政治の実権をにぎるようになりました。

平清盛]は、1167年に武士として初めて太政大臣になりました。[平清盛]は藤原氏と同様に、娘を天皇のきさきにし、生まれた男子を天皇としました。また、日宋貿易によって経済的にも栄えました。

 

しかし、平氏の専制的な政治に対し、他の武士たちは不満を強めました。1180年から平氏と源氏の戦いが始まり、1185年、平氏は源氏によってほろぼされました。