· 

人物歴史3 平安時代(11・12世紀) まとめ

11世紀(1001~1100年)

①[藤原道長

・摂関政治の全盛期

・「この世をば わが世とぞ思う 望月の 欠けたることも なしと思えば」

 

②[藤原頼通

・摂関政治の全盛期

平等院鳳凰堂を建立

・その後、藤原氏はおとろえる

 

③[紫式部

・小説「源氏物語」を書いた

 

④[清少納言

・随筆「枕草子」を書いた

 

⑤ [白河上皇

・1086年、[白河天皇]が位を子にゆずり、[白河上皇]となる

・初めて院政を始める

 

12世紀~源平の争乱(1101~1185年)

①[平清盛

・1167年、武士として初めて太政大臣になる

・娘を天皇のきさきにし、生まれた男子を天皇とした。

日宋貿易を行う

・死後、平氏は源氏にほろぼされる