歴史7-2 戦後の世界の動き 用語確認2

次の各問いに答えなさい。(  )には適語を入れなさい。

 

1.国際連合の主要機関の1つで、世界平和と安全の維持を目的とし、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連、中国の5か国が常任理事国となっている機関は何か。

 

2.1の常任理事国5か国は、1国でも反対すると議決できない権利を有している。この権利を何というか。

 

3.第二次世界大戦後の世界は、アメリカを中心とする( ① )主義の国々(西側陣営)と、ソ連を中心とする( ② )主義の国々(東側陣営)との間で、戦火を交えない対立が続いた。

 

4.日本の敗戦後、中国では内戦が再開した。この内戦に勝利した勢力を答えなさい。

 

5.日本の敗戦により植民地支配から解放された朝鮮半島では、1948年に南側に資本主義の何という国家が成立したか。

 

6.1950年、朝鮮半島で戦争がおこり、1953年に休戦協定が結ばれた。この戦争を何というか。

 

7.1955年、アジア・アフリカ会議が開催された。この会議が開かれた国は東南アジアの( ① )で、都市は( ② )であった。そのため、アジア・アフリカ会議のことを( ② )ともいう。

 

 

解答

1.安全保障理事会

2.拒否権

3.①資本 ②社会

4.中国共産党

5.大韓民国

6.朝鮮戦争

 

7.①インドネシア ②バンドン