歴史4-5 江戸時代③ 産業・交通・都市の発達 用語確認1

次の各問いに答えなさい。(  )には適語を入れなさい。

 

1.江戸時代の農村では、5~6戸で一組となり、犯罪の防止や年貢の納入に連帯責任を負う制度がとられていたが、これを何というか。

 

2.江戸幕府や藩は耕地を拡大する政策を盛んに進めたが、これを何というか。

 

3.江戸時代に普及した新しい農具で、脱穀を効率的に行えるものは何か。

 

4.陸上交通について、江戸を起点として整備された東海道や中山道などの5つの道をまとめて何というか。

 

5.海上交通について、17世紀後半に整備された航路のうち、東北地方から太平洋沿岸を通って江戸に至る航路を何というか。

 

6.江戸、大阪、京都の3つの都市をまとめて何というか。

 

 

解答

1.五人組(の制度)

2.新田開発

3.千歯こき

4.五街道

5.東廻り航路

6.三都