歴史2-6 平安時代② 用語確認

次の各問いに答えなさい。

 

1.藤原氏は、どのようにして勢力をのばしていったか。「」「天皇」という言葉を用いて、簡単に書きなさい。

 

2.天皇が幼いときに、天皇の代理として政治を行う役職を何というか。

 

3.天皇が成人してから、天皇の後見役として政治を補佐する役職を何というか。

 

4.藤原氏は、2や3の役職について政治の実権をにぎった。このような政治を何というか。

 

5.藤原氏が4の政治によってもっとも栄えたのは、ある親子の時期である。このうち、父親は「この世をば わが世とぞ思う 望月の欠けたることも なしと思えば」という和歌をよんだが、これはだれか。

 

6.5の人物の子どもで、5とともに4の政治の全盛期を支えたのはだれか。

 

7.平安時代のなかでも4の政治が行われた時期も最も栄えた、日本の風土や生活に合った文化を何というか。

 

8.漢字を変形させてつくられた文字は何か。

 

9.7の文化の文学作品のうち、小説を1つ答えなさい。また、その作者の女性はだれか。

 

10.7の文化の文学作品のうち、随筆を1つ答えなさい。また、その作者の女性はだれか。

 

11.「土佐日記」の作者はだれか。

 

12.11の人物が中心となって編さんした和歌集を何というか。

 

13.平安時代の貴族が住んだ住居の建築様式を何というか。

 

14.念仏を唱えて阿弥陀如来にすがり、死後に極楽浄土に生まれ変わることを願う信仰を何というか。

 

15.14の信仰にもとづいて、6の人物が京都宇治に建てた阿弥陀堂を何というか。

 

 

解説

1.(例)娘を天皇のきさきにし、生まれた子を次の天皇にした。

2.摂政

3.関白

4.摂関政治

5.藤原道長

6.藤原頼通

7.国風文化

8.仮名文字かな文字

9.源氏物語紫式部

10.枕草子清少納言

11.紀貫之

12.古今和歌集

13.寝殿造

14.浄土信仰

15.平等院鳳凰堂