歴史1-5 古墳時代 用語確認

次の各問いに答えなさい。

 

1.3世紀後半ごろ、奈良盆地に成立した有力な勢力(政権)を何というか。

 

2.3世紀後半ごろから、王や各地の豪族の墓がつくられるようになった。これを何というか。

 

3.2.の墓の墳丘上に置かれた焼き物を何というか。

 

4.2.のうち、大阪府にある最大のものは何か。

 

5.4.のように、大規模な墓は何とよばれる形状が多いか。

 

6.1.の政権の王は何とよばれたか。

 

7.「倭の五王」のうち、埼玉県稲荷山古墳で出土した鉄剣に「ワカタケル大王」と刻まれた人物は、中国の歴史書では何とよばれていたか。

 

8.埼玉県だけでなく、熊本県の古墳からも、「ワカタケル大王」と刻まれた鉄刀が出土している。このことから、1.の勢力範囲について、どのようなことがわかるか。

 

9.中国や朝鮮半島から日本に来て、大陸の進んだ技術や文化を伝えた人々を何というか。

 

10.9の人々によって伝えられた、高温で焼いた、かたい質の土器を何というか。

 

11.9の人々によって、10や漢字のほかに、何が伝えられたか。

 

12.6世紀半ばには、何という宗教が伝えられたか。

 

13.日本に11や12を伝えた朝鮮半島の国はどこか。

 

 

解答

1.大和政権ヤマト王権

2.古墳

3.はにわ埴輪

4.大仙古墳大山古墳

5.前方後円墳

6.大王

7.

8.(例)全国各地に広がっていたこと

9.渡来人

10.須恵器

11.儒学(儒教)

12.仏教

13.百済