公民2-4 平和主義 まとめ

1.憲法と平和主義
平和主義

・日本国憲法の3つの基本原理の1つ

 

②日本国憲法第条の規定

戦争の放棄

戦力を持たないこと

交戦権を認めないこと

 

③日本国憲法の条文

・第9条①
「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」

 

・第9条②
「前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。」
 

 

2.戦後日本の平和主義

①自衛隊の発足まで

・1950年 朝鮮戦争

 →警察予備隊が発足
・1951年 日米安全保障条約に調印
・1954年 自衛隊が発足

 

※自衛隊についての政府の見解
「自衛隊は、憲法で保持が禁止されている戦力ではなく、自衛のための(必要)最小限度実力である」

 

②冷戦後の日本の国際貢献
・1992年 PKO協力法を制定
 →日本が国連平和維持活動PKO)に参加
 例)カンボジア東ティモールなどに自衛隊を派遣

 

・2015年 法改正で集団的自衛権の行使が可能に

 

③唯一の被爆国・日本

非核三原則核兵器を持たずつくらず持ちこませず