歴史3-2③ 鎌倉幕府のしくみ まとめ

1.鎌倉幕府のしくみ

①中央に設置

執権…将軍の補佐。北条がついた

侍所…御家人の統率、軍事・警察

政所…幕府の財政、一般の政務

問注所…裁判・訴訟

 

②地方に設置

六波羅探題承久の乱後、京都に設置。京都の警備、朝廷の監視、西日本の武士の統率など

守護ごとに設置。国内の軍事・警察、御家人の統率など

地頭荘園公領ごとに設置。土地の管理、年貢の取り立てなど

 

 

2.主従関係

御家人

・将軍と主従関係を結んだ武士

 

御恩

・将軍から御家人へ

・従来の領地の支配権を保障する

・功績に応じた新たな土地を与える

 

奉公

・御家人から将軍へ

・幕府の警備

・京都の御所の警備

・戦時には「いざ鎌倉」を合言葉に戦いに参加

 

封建制度

・土地を仲立ちとして、主君(将軍)と従者(御家人)の間で主従関係が結ばれること

 

 

※漢字の読み方

執権:しっけん

北条氏:ほうじょうし

侍所:さむらいどころ

政所:まんどころ

問注所:もんちゅうじょ

六波羅探題:ろくはらたんだい

承久の乱:じょうきゅうのらん

御家人:ごけにん

主従関係:しゅじゅうかんけい

御恩:ごおん

奉公:ほうこう

封建制度:ほうけんせいど