歴史3-1② 院政と武士の台頭

1.院政の始まり

後三条天皇

・藤原氏と血縁関係のうすい天皇が即位

・藤原氏をおさえ、荘園整理令を出した

 ※藤原氏の勢力がおとろえる

 

院政

・天皇が位をゆずって上皇となった後も、実権を握り続けて行う政治

・始まり:11世紀後半(1086年)、白河天皇が天皇の位をゆずった後も、白河上皇として政治の実権を握り続けた

 

…上皇、あるいは上皇の住まいのこと

・院のもとには多くの荘園が寄進された

 

③僧兵

・武装した僧

・東大寺や延暦寺などに動員され朝廷や摂関家にさまざまな要求をつきつけた

・朝廷を大いになやませた

・朝廷は武士の力を借りて、僧兵の動きをしずめた

 

 

2.2つの戦乱と武士の活躍

保元の乱

・1156年に起こった

・原因:院政をめぐり天皇・上皇が対立。これに藤原氏内部の争いも加わった

 →武士たちが動員され、武力で解決

・勝者:源氏の源義朝(源頼朝の父)、平氏の平清盛

 

平治の乱

・1159年に起こった

・源氏と平氏の対立や、貴族どうしの対立からおこった戦乱

・結果:平清盛源義朝に勝利

 →平氏の勢力が拡大

 

源義朝は殺され、その子源頼朝伊豆(静岡県)に流された

 

 

 

※漢字の読み方

院政:いんせい

後三条天皇:ごさんじょうてんのう

上皇:じょうこう

白河天皇:しらかわてんのう

白河上皇:しらかわじょうこう

・僧兵:そうへい

保元の乱:ほうげんのらん

源義朝:みなもとのよしとも

平清盛:たいらのきよもり

平治の乱:へいじのらん

源頼朝:みなもとのよりとも