歴史3-1① 武士の出現と武士団の形成

1.武士の出現と武士団の形成

武士

・武芸や戦うことを専門とする身分の者

・荘園を自分で守る、貴族の屋敷を警備することなどを通じて、その実力を認められていった

 

武士団の形成

・武士が組織化、大規模化して形成

 武士団例:源氏平氏

 ※源氏平氏とも、天皇の子孫をかしらとする

 

③武士の反乱

平将門関東地方で反乱

藤原純友瀬戸内海周辺で反乱

※いずれも、10世紀半ばに起こる

→朝廷は同じ武士の力を借りて反乱をおさえた

 

④武士と権力者の結びつき

・武士は領地を中央の貴族や寺社に寄進して荘園とし、保護を受けた

 

・国司は公領を支配

公領…荘園以外の土地のこと

 

⑤特権的な荘園

不輸の権…荘園にかかる税を免除される権利

不入の権…国司や使者が荘園に立ち入ることを拒否できる権利

 

 

2.武士団の成長

前九年合戦後三年合戦

 …11世紀後半に東北地方でおこった戦乱

 →この戦乱をしずめた源氏の源義家が勢力をのばした

 

源氏は東日本平氏は西日本に勢力を広げた

 

 

※漢字の読み方

屋敷:やしき

・警備:けいび

源氏:げんじ

平氏:へいし

平将門:たいらのまさかど

藤原純友:ふじわらのすみとも

寄進:きしん

公領:こうりょう

不輸の権:ふゆのけん

不入の権:ふにゅうのけん

前九年合戦:ぜんくねんかっせん

後三年合戦:ごさんねんかっせん

源義家:みなもとのよしいえ