· 

歴史2-12① 摂関政治 まとめ

1.藤原氏の政治

摂関政治

・藤原氏が、天皇が幼いときには摂政として、天皇が成長してからは関白として、政治の実権をにぎって行われた政治

関白…天皇を補佐する職

 

②藤原氏の権力強化

・藤原氏は、娘を天皇のきさき(后)にし、生まれた子を次の天皇にすることで、勢力を伸ばした

 

・全盛期:藤原道長とその子藤原頼通のとき

 ※11世紀前半~半ば

・藤原氏は朝廷の高い地位をほとんど独占し、広大な荘園を有し高い収入を得た

藤原道長は、「この世をば わが世とぞ思う 望月の欠けたることも 無しと思えば」と詠んだ

 ※栄華をほこる気持ちがこめられている

 

2.地方の乱れ

・10世紀になると、地方の政治は国司に一任される

 →自分勝手な国司が増加

 →地方の政治の乱れ

(自分で守るしかないので武装→武士の出現へ)


※漢字の読み方

摂関政治:せっかんせいじ

摂政:せっしょう

関白:かんぱく

藤原道長:ふじわらのみちなが

藤原頼通:ふじわらのよりみち

 ※頼“道”にしない