歴史2-10 天平文化 まとめ

天平文化

①特徴

聖武天皇の時代にもっとも栄えた奈良時代の文化

・仏教や唐の文化の影響を受けた、貴族を中心とする国際色豊かな仏教文化

 

遣唐使

・唐の文化や制度を学ぶために派遣

・唐からさまざまな文物を持ち帰った

 

③奈良時代の仏教と社会

鑑真…唐の僧。何度も遭難し失明しながらも来日

 →奈良に唐招提寺を建立

 

・聖武天皇と光明皇后は、仏教の力で国家を守るため、都に東大寺と金銅の大仏、国ごとに国分寺国分尼寺を建てた

 

行基…橋や用水路をつくりながら民間で布教

 はじめは弾圧されたが、のち大仏造立に協力

 

④東大寺の正倉院

・校倉造の建物

・多くの宝物、美術工芸品が納められる

・西アジアやインドから唐にもたらされ、遣唐使が唐から日本に持ち帰ったものもあった

 

 

⑤歴史書と歌集

古事記日本書紀…神話・伝承・記録などをもとにまとめた歴史書

 ※漢字注意:古事、日本書

 

風土記…地方の国ごとに、自然・産物・伝承などを記した

 

万葉集…現存する日本最古の歌集。奈良時代の末に大伴家持まとめた

 →天皇や貴族の歌のほか、防人の歌や農民の歌もおさめられている

 

 

※漢字の読み方

天平文化:てんぴょうぶんか

聖武天皇:しょうむてんのう

鑑真:がんじん

・遭難:そうなん

唐招提寺:とうしょうだいじ

・光明皇后:こうみょうこうごう

国分寺:こくぶんじ

国分尼寺:こくぶんにじ

行基:ぎょうき

正倉院:しょうそういん

・校倉造:あぜくらづくり

古事記:こじき

日本書紀:にほんしょき

風土記:ふどき

万葉集:まんようしゅう

大伴家持:おおとものやかもち

防人の歌:さきもりのうた