歴史2-9 奈良時代の人々の負担と土地の私有 まとめ

1.奈良時代の人々の負担

①戸籍

6年ごとに作成

・人々を登録

・良民と賤民に区分

 ※賤民:奴婢(奴隷)など

 

班田収授法

・戸籍に登録された6歳以上の全ての男女に口分田が与えられ、死後に国に返す制度

 

口分田:性別や良民・賤民の身分によって面積が違う

・口分田を与えられた人々は、という税を負担

 

③さまざまな税の負担

収穫の約3%の稲を納める

調地方の特産物を納める

…麻布を納める(労役のかわり)

 

雑徭…地方で年間60日以下の労役

出挙…国司や豪族ら稲を借り、秋に高い利息をつけて返す

 

兵役…食料や武器を自分で負担し訓練を受ける

 防人…九州北部の防衛(3年)

 衛士…都の防衛(1年)

 

 

※租以外は成人男性が負担

 

④山上憶良の「貧窮問答歌」

・人々の貧しい暮らしをよんだ。

・『万葉集』に収められている

 

2.土地制度の変化

①口分田が不足

・人口の増加などのため

 

②墾田永年私財法

内容

・743年に発令

新しく開墾した土地を永久に私有することを認めた

・税()を納めさせた

 

影響

・中央の貴族・寺院(東大寺など)、地方の豪族、一部の有力な農民らは周辺の農民を動員してさかんに開墾を行い、私有地を広げた

 

結果

・開墾された私有地は、のちに荘園とよばれる

公地・公民制がくずれた

 

 

 

※漢字の読み方

・戸籍:こせき

・良民:りょうみん

・賤民:せんみん

・奴婢:ぬひ

・奴隷:どれい

班田収授法:はんでんしゅうじゅのほう

口分田:くぶんでん

:そ

調:ちょう

:よう

・労役:ろうえき

雑徭:ぞうよう

出挙:すいこ 

・兵役:へいえき

防人:さきもり

衛士:えじ

・山上憶良:やまのうえのおくら

・貧窮問答歌:ひんきゅうもんどうか

・墾田永年私財法:こんでんえいねんしざいのほう

荘園:しょうえん