歴史2-7 大化の改新と律令国家への歩み まとめ

1.中国の状況

の滅亡

・7世紀はじめにほろぶ

 

・隋の後、618年に中国を統一

 

 

2.日本国内の改革

大化の改新

・背景:蘇我氏の独裁的な政治に対する不満

 

645年、蘇我氏をほろぼす

 …中大兄皇子中臣鎌足(のち藤原鎌足)らが、蘇我蝦夷蘇我入鹿父子をたおす

 →政治改革を始めた

 

②さまざまな改革

・都を飛鳥から難波宮(大阪府)に移す

 

公地・公民

 …豪族の私有地・私有民をやめ、すべての土地と人々を国家が直接支配する制度

 

・日本で初めて大化という年号が使われた

 

 

3.朝鮮半島からの撤退

①朝鮮半島の動き

新羅と結び、高句麗百済をほろぼした

 

②日本と唐・新羅連合軍との戦い

・663年、白村江の戦い

 …日本は百済を救援するために大軍を送った

 →しかし、唐・新羅の連合軍に敗北

 

③朝鮮半島の統一

・676年、新羅は唐を追い出し、朝鮮半島を統一

 

中大兄皇子の政治

・唐・新羅への備え

 …山城水城を築く、防人を九州北部に配置

 

・初めて全国的な戸籍を作成…税や兵士を集めるため

大津宮滋賀県)に都を移す

 →天智天皇として即位

 

4.壬申の乱(672年)

①内容

天智天皇の死後におこった、皇位をめぐる争い

 

②結果

大友皇子に勝利した天武天皇が即位

※実力で皇位を勝ち取ったため、天皇の地位が高まる

 

 

5.天武天皇の政治

・天武天皇は再び飛鳥に都を移した

天皇中心の政治を進める

 例)律令や歴史書の編さんなど

 

富本銭…日本最初の銅銭

 

 

6.持統天皇の政治

天武天皇の死後、皇后の持統天皇が即位

藤原京:日本で最初の本格的な都。694年に移す

 

※このころ、「日本」という国号が定められた

 

 

※漢字の読み方

:とう

中大兄皇子:なかのおおえのおうじ

中臣鎌足:なかとみのかまたり

藤原鎌足:ふじわらのかまたり

蘇我蝦夷:そがのえみし

蘇我入鹿:そがのいるか

・難波宮:なにわのみや

公地・公民:こうちこうみん

大化:たいか

白村江の戦い:はくそんこうのたたかい、はくすきのえのたたかい

・山城:やまじろ

・水城:みずき

防人:さきもり

大津宮:おおつのみや

天智天皇:てんじてんのう

壬申の乱:じんしんのらん

 

大友皇子:おおとものおうじ

天武天皇:てんむてんのう

・律令:りつりょう

富本銭:ふほんせん

持統天皇:じとうてんのう

藤原京:ふじわらきょう