歴史2-6 聖徳太子の政治と飛鳥文化 まとめ

1.聖徳太子の政治

①飛鳥時代

・592年、女性の推古天皇が即位

・有力な豪族の争い:蘇我氏 VS 物部

 

②聖徳太子(厩戸皇子)

推古天皇の甥

摂政として天皇の政治を助ける

蘇我馬子と協力しながら、天皇中心の政治をめざす

 

③聖徳太子の政治

冠位十二階の制度(603年)

 …家柄にとらわれず、能力や功績のある人物に冠位を与え、役人にとりたてる制度

 

十七条の憲法(604年)

 …仏教や儒学(儒教)の考え方を取り入れながら、役人の心構えを示す

 

十七条の憲法のおもな条文

一に曰く、をもって貴しとなし、さからうことなきを宗とせよ。

二に曰く、あつく三宝を敬え。三宝とはなり。

三に曰く、をうけたまわりては必ずつつしめ。

 

 

④聖徳太子の外交

遣隋使(607年)

 …小野妹子らをに派遣

 

※隋と対等な外交を開こうとした

・目的1:東アジアでの立場を有利にすること

・目的2:隋の進んだ制度や文化を取り入れること

 

 

2.飛鳥文化

①特徴

日本最初の仏教文化

・聖徳太子の時代に栄えた

・古墳にかわって寺院が豪族の権威の象徴となる

 

②おもな寺院・仏像

法隆寺…聖徳太子が建立した、現存する世界最古の木造建築物

 ※釈迦三尊像などの仏像が有名

 

・広隆寺の弥勒菩薩像

 

 

 

※漢字の読み方

・飛鳥時代:あすかじだい

・592年、女性の推古天皇:すいこてんのう

・即位:そくい ※天皇の位につくこと

蘇我氏:そがし

物部氏:もののべし

・聖徳太子:しょうとくたいし

・厩戸皇子:うまやどのおうじ

・甥:おい

・摂政:せっしょう

・蘇我馬子:そがのうまこ

冠位十二階:かんいじゅうにかい

十七条の憲法:じゅうしちじょうのけんぽう

・曰く:いわく

・貴し:たっとし、とうとし

・三宝:さんぽう

:みことのり

遣隋使:けんずいし

:ずい

法隆寺:ほうりゅうじ

・釈迦三尊像:しゃかさんぞんぞう

・広隆寺:こうりゅうじ

・弥勒菩薩像:みろくぼさつぞう