歴史2-5② 大和政権と中国・朝鮮半島との関係 まとめ

1.中国・朝鮮半島のようす

①中国

・5世紀ごろ:南北朝時代

 

②朝鮮半島の国々

・北部:高句麗 

・東部:新羅 

・西部:百済 

・南部:伽耶加羅任那)地域

 ※南部は多くの小国が分立し、統一せず

 

2.大和政権(ヤマト王権)と朝鮮半島との関係

・大和政権は朝鮮半島南部の伽耶加羅任那)地域の国々とつながりを深めた

・目的:資源や進んだ技術を求めていたため

 

高句麗好太王碑広開土王碑)の記録

 …大和政権は百済伽耶加羅任那)地域の国々と関係を深め、高句麗新羅と戦った

 

 

3.大和政権(ヤマト王権)と中国との関係

①中国の歴史書:「宋書」の記述

・倭の五王(讃・珍・済・興・の5人の大王)が、中国の南朝にたびたび使いを送っていた

 

・目的:倭王の地位と、朝鮮半島南部の軍事的な指揮権を、皇帝に認めてもらうため

 

②古墳からの出土物

・埼玉県 稲荷山古墳 出土の鉄剣

・熊本県 江田船山古墳 出土の鉄刀

→刻まれている文字:「ワカタケル大王」 = 倭王のこと

 

 

4.渡来人

・中国や朝鮮から日本にやって来て、進んだ技術や文化を伝えた人々

 

渡来人によって伝えられたもの

・5世紀初め:漢字儒学儒教

・6世紀半ば:仏教

須恵器…高温で焼いた、かたくて灰色(黒っぽい)土器

・土木工事、絹織物などの進んだ技術

 

 

 

※漢字の読み方

高句麗:こうくり、コグリョ

新羅:しらぎ、シルラ

百済:くだら、ペクチェ

伽耶:かや

加羅:から

任那:みまな、イムナ

好太王碑:こうたいおうひ

広開土王碑:こうかいどおうひ

・「宋書」:そうじょ

・讃:さん

・珍:ちん

・済:せい

・興:こう

:ぶ

稲荷山古墳:いなりやまこふん

・江田船山古墳:えたふなやまこふん

渡来人:とらいじん

須恵器:すえき