歴史2-4④ 中国の歴史書と倭、邪馬台国 まとめ

中国の歴史書と弥生時代の日本のようす

 

・中国では日本を、日本人を倭人とよんでいた

 

1.「漢書」地理志

・紀元前後ののようす

→約100の小国が分立

 朝鮮半島の楽浪郡を通じて、中国(漢)に使いを送る国もあった

 

2.「後漢書」東夷伝

①倭から使いが訪れる

・1世紀半ば(57年)、九州北部の奴国の王が後漢に使いを送る

 →皇帝から「漢委奴国王」と刻まれた金印を授けられた

 

・この金印は江戸時代に志賀島(福岡県)で発見

 

 

3.「魏志倭人伝」

・倭で邪馬台国の成立:3世紀、30余りの小国が連合

・女王:卑弥呼

卑弥呼に使いを送り、朝貢

 →の皇帝から親魏倭王の称号と金印銅鏡100枚などを授けられた

 

※このころの中国

・漢(後漢)がほろび、・蜀・呉が分立する三国時代に

卑弥呼は、このうちに使いを送った

 

 

 

※漢字の読み方

:わ

倭人:わじん

「漢書」地理志:かんじょちりし

・「後漢書」東夷伝:ごかんじょとういでん

奴国:なこく、なのくに

漢委奴国王:かんのわのなのこくおう

金印:きんいん 

・志賀島:しかのしま 

・「魏志倭人伝」:ぎしわじんでん

邪馬台国:やまたいこく

卑弥呼:ひみこ

:ぎ

・朝貢:ちょうこう

・親魏倭王:しんぎわおう

・蜀:しょく

・呉:ご