歴史2-4③ 弥生時代 まとめ

弥生時代弥生文化

①年代

・紀元前4世紀ごろ~紀元3世紀ごろまで

 

稲作のはじまりと生活の変化

稲作の伝来:大陸から九州北部に伝わる

 →東日本にまで広まる

 

弥生土器…高温で焼かれ赤褐色。うすくてかたい

石包丁…稲の穂を刈るために使用

高床倉庫…収穫した稲をたくわえた建物

 

※住居は縄文時代と同じ、たて穴住居竪穴住居

 

 

金属器の伝来・使用

青銅器銅鐸、銅剣、銅矛、銅鏡など

 →祭りのための宝物として使用

 

鉄器

 →武器や工具として使用(青銅器より丈夫)

 

④遺跡

吉野ヶ里遺跡佐賀県

登呂遺跡(静岡県

 

⑤国(クニ・くに)のおこり

・小さな国々が各地に成立

・有力者の出現:豪族や王

 →人々を支配

 

 

※漢字の読み方

弥生:やよい

稲作:いなさく

石包丁:いしぼうちょう

銅鐸:どうたく

・銅剣:どうけん

・銅矛:どうほこ

・銅鏡:どうきょう

・宝物:ほうもつ

吉野ヶ里遺跡:よしのがりいせき

登呂遺跡:とろいせき

豪族:ごうぞく