歴史2-4① 日本のあけぼの(旧石器時代) まとめ

日本の旧石器時代
①氷河時代の日本列島
・海面が今より100m以上低いところも
大陸と陸続き 

 

②大型動物と人間の移動
マンモスナウマン象オオツノジカなど
 →大陸から日本列島に移動
・これらの動物を追って、人間も日本列島に移動

 

岩宿遺跡(群馬県)の調査
・1946年、相沢忠洋打製石器を発見
・1949年の本格調査
 →日本にも旧石器時代が存在することが確認された

 

④氷河時代の終わり

約1万年前、海面が上昇
 →現在の形に近い日本列島ができる

 

 

※漢字の読み方

岩宿遺跡:いわじゅくいせき

相沢忠洋:あいざわただひろ

打製石器:だせいせっき