公民1-3 少子高齢化、家族

1.少子高齢化

・子どもが減り、高齢者が増えること。

 出生率の低下と平均寿命ののびが背景にある

 

合計特殊出生率…一人の女性が一生に出産する子どもの数

 

少子高齢社会

 …子どもの割合が減り、高齢者の割合が高くなる社会

 

 ※子ども:15歳未満の年少人口

  高齢者:65歳以上の老年人口

 

 

2.社会集団と家族

社会集団…人が集まって構成される集団

  例)家族、学校、地域社会、企業、国家など

 

・人間は、いくつかの社会集団に所属し、その一員として協力して生活を送る

 →人間は社会的存在である、といわれる

 

家族…人が生まれたときから所属する、最も身近な社会集団

 

 

核家族世帯

 …夫婦のみ、または「夫婦と未婚の子ども」、

  または「一人親と未婚の子ども」で構成される世帯。

  戦後増加し、世帯全体の約6割を占める

 

単独世帯一人世帯

 …一人暮らしの世帯。世帯全体の約3割を占める

 

 

3.家族に関する規定

・日本国憲法や民法に規定されている

・日本国憲法では、家族に関する基本的な原則として

 「個人の尊厳と両性の本質的平等」を定めている

 

 

・相続について。夫が死亡した場合

→夫の遺産のうち妻が2分の1を相続

→残り2分の1を子どもの数で割って均等に相続する(=均分相続

 

例)夫の遺産が1200万円で、妻と3人の子どもが相続する

→妻が600万円を相続

→子どもは1人あたり200万円を相続する

 

 

4.少子高齢化が進む日本

人口減少社会

 …日本は2005年に出生数が死亡数を下回り、戦後初めて総人口が減少。人口減少社会を迎えている

 

 

超高齢社会

 …日本は2007年から高齢化率が21%をこえている

 ※高齢化率…総人口に占める65歳以上の人の割合