地理4-3 日本の地形 解説

1.日本の自然環境

日本列島は[環太平洋造山帯]に位置し、標高の高い山々や火山が多く見られます。そのため、日本の陸地の約[4分の3]が山地と丘陵地で、約3分の2が森林で占められているほどです。

 

 

2.日本のおもな山地・山脈

 

 

 

3.日本のおもな火山など

 

 

4.日本のおもな川と平野

この地図を見るとわかるように、平野と川はセットになっています。どの平野に何という川が流れているか、おさえておきましょう。

 

世界と比べた日本の川の特徴は、山から海までの[距離が短く]、[流れが急]で、[流域面積がせまい]ことです。日本は山がちな地形が多いため、そのような特徴になっています。

 

①さまざまな地形

平野]とは、海に面した平らな地形のことをいいます。これに対し、[盆地]は、内陸にあり、山地に囲まれた平らな地形のことをいいます。どちらも平らな地形であることは同じですが、周辺の環境が違うのです。

 

 

②平野や盆地に見られる地形

山間部から川が平野や盆地に流れ出たところに大きめの土砂がたまってできた地形を、[扇状地]といいます。文字通り、扇形をした土地になっています。水はけがよいため、[果樹園]として利用されることが多いです。果樹の栽培のさかんな地域では、このような地形がよく見られます。

 

一方、平野を流れる川の河口(海に流れ込むところ)に細かい土砂が積もってできた地形を[三角州]といいます。ここでは、[水田]や住宅地として利用されることが多いです。

 

 

③[リアス海岸

東北地方の三陸海岸、三重県の志摩半島、福井県の若狭湾などには、海岸線が複雑で、のこぎりの歯のように入り組んだ地形がみられます。これを[リアス海岸]といいます。

 

 

地図は、全て http://www.craftmap.box-i.net/ のものを利用しました。